治療に関するご相談は 06-6912-7377
治療以外のご相談は 06-6995-4861

営業時間:午前10時~午後6時(定休日:土・日・祝)

交通事故で弁護士を探す方法


341226

交通事故で弁護士に相談する必要性

交通事故に遭われた場合、一度は弁護士に相談することをお勧めします。
保険会社の担当者は、あくまでも相手方で、交通事故の被害者の味方ではありません。
保険会社の担当者は、交通事故のプロです。
素人が相手をするは容易ではありません。
もちろん、担当者の中には交通事故の被害者のことを親身に考えてくださる担当者がいるのは事実です。
しかし、その数は多くはありません。また、結局のところ相手方であることに変わりはありません。
そこで、交通事故の被害者は、被害者の立場で相談に乗ってくれる弁護士を探す必要があるのです。

交通事故に強い弁護士の探し方

弁護士を探す方法には以下のような方法があります。
①知り合いに紹介して貰う、
②ネット等で自分で探す、
③自分が加入する弁護士費用特約の保険会社に紹介して貰う。
上記の中で最もお勧めするのは、①です。
自分が良くないと思う弁護士を他人に紹介することは通常ないことがその理由です。
次にお勧めするのは②です。
もっとも、弁護士事務所も様々であり、事務所の方針に合わない相談をすると嫌な思いをすることもありますので、どのような事務所であるかをしっかり調べてから相談して下さい。
交通事故の治療中に相談したところ治療が終了してから相談してくれと言われた、物損の相談をしたところ物損は扱っていないと言われたという話はよく聞きます。
多くの人は、交通事故を専門的に扱っている弁護士なら協力医の一人や二人いるだろうと思っているかもしれません。
しかし、実際は、保険会社側の弁護士はともかく、被害者側の弁護士で協力医がいる弁護士は圧倒的に少数なのが現状です。
したがって、治療費の打ち切り、検査の手配、後遺障害の相談をする際には弁護士選びを慎重に行って下さい。
ネットで検索したところ上位に表示されたので安心して相談する人が多いのかもしれませんが、上位に表示される事務所が自分に合っている事務所とは限りませんので注意して下さい。

間違った弁護士の探し方

上記のうちで、絶対避けたいのが③です。
交通事故の被害者が、保険会社に弁護士紹介の依頼を行った場合、弁護士会を通じて弁護士を紹介されるのが一般的ですが、交通事故を専門としていない弁護士を紹介される可能性があります。
弁護士にとっては、登録すれば弁護士会が依頼者を紹介してくれるためお手軽な制度であるのは事実です。
そのため、交通事故など全く扱っていないが、とりあえず登録しているという弁護士も多いのが現状です。
もちろん、交通事故を専門的に扱っている弁護士を紹介される可能性もあります。
しかし、ギャンブルに近いことから絶対に避けた方が良いと思います。

東大阪で交通事故に遭われた方へ

東大阪市周辺で交通事故に遭われ、確実な治療を受けることが出来る整形外科、交通事故に強い弁護士をお探しの方は、交通事故後1日も早く、東大阪・交通事故総合相談センターにご相談下さい。

お知らせ

お知らせの一覧を見る

ピックアップ記事

  • Contents1 交通事故の治療の注意点2 交通事故直後の対応について3 交通事故から2週間程度経過したら4…

  • 有効なむち打ち治療とは  交通事故による外傷性頚部症候群(いわゆる、むち打ち)の治療は、交通事故後2週間程度経…

  • Contents1 交通事故で弁護士に相談する必要性2 交通事故に強い弁護士の探し方3 間違った弁護士の探し方…

PAGE TOP

Copyright © 2016-
東大阪・交通事故総合相談センター
All Rights Reserved.